2016年1月31日日曜日

<雑談> しーちゃんに言わせてみたい台詞

かぐや「栄えある10弾もしーちゃんみたいだから、

しーちゃんに言わせてみたい台詞を考えてみようよ!」


カチュア「じゃあ『ちょろい』とかどうかなぁ?

最近のしーちゃんこんなんばっかりだしー!」



かぐや「いきなり黒いよ!」



遥架「そうだな。『これだから 旧式は……』とか?」

かぐや「旧式って……え? どこで使うのそれ。ちょっとまってよ遥架ちゃん!

そんなの使ったら友達減っちゃう!」


アルフ「『過去の産物が、偉そうに社会を語るな。

時代は常に進化している。

貴様らの時代は終わった。

未来を担う若者に対し、

古い考えをぶつけるのはやめろ』

……ふふふ」

かぐや「アルフちゃーん!? そんな長いのやだよ!

……友達減るどころか、真っ先にリジェクトだから!」



リュリュ「じゃあじゃあ! 次あたし! 『かかえこまなくて ええんやで』

どーだっ! りゅっ!」

かぐや「この中で一番まとも! でも、ちょっとネットスラングっぽいかなぁ……」

リュリュ「りゅー! でも現代っぽいから 許してん♪」

かぐや「現代っぽいときたね!……んー。あたしじゃちょっと判断しづらいなぁ」

カチュア「わたしは いいと思うなぁ♪」

遥架「私も。それでいいとおもう。

……まぁ。最後はしーちゃんが気に入るかどうかだが」

かぐや「……そうだね。最後はしーちゃんが決めればいいんだよね。

じゃあ、そうだ……!」

アルフ「……?」

かぐや「次回! 『しーちゃんが選ぶ台詞集!』お楽しみにっ!」

アルフ「次回に持ち越し!? ……次回ってあるの?」