2016年1月24日日曜日

<雑談>しーちゃんに勝てない理由を考える。

しーちゃん「しーちゃんなのー! しーちゃんねえ。

すたんぷ。いっぱいつかわれてるのー! うれしいのー!」



ルルヤ「ぐあっ! どうしてだ。どうしてこの下等生物に勝てない! 

な。なあ。遥夜。どうして、私たちは、しーちゃんよりも使われないんだ?」



遥夜「……ん? あ? スタンプの話? それはじゃなぁ……」

ルルヤ「それは?」

遥夜「しーちゃんは、なつっこい2頭身マスコットで、ちょっぴりシュールだから、

 『買ってみよう』ってなる人が多いのじゃろう。

わしらは、やはり『人を選ぶきゃらくたー』じゃから、

内輪人気にしかならないのじゃろうな……」

ルルヤ「ぬ……ぬう」

遥夜「わしも、そこは悔しいとおもってるぞ。じゃから……そうじゃなぁ。

少し『アプローチ』の仕方を考えてみるか……」

ルルヤ「く、悔しいぞっ……。しーちゃん! 下等生物のくせに!

い、いつか逆転してやる」

しーちゃん「できるものなら、やってみるのー!」


遥夜(ルルヤがいつになく大人げないのじゃ……)